※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

電気料金の内訳と計算方法をわかりやすく解説 【エネチェンジ】で安い電力会社を比較して節約

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
電気代高騰、電気料金の内訳電気代・光熱費


※この記事は、2023年11月18日に更新しました。

こんみふ
こんみふ

毎月電気料金が高くて
安くしたいと思っている方は
多いよね?!

よいか
よいか

だけど、そう簡単に電気料金って
安くならないのよ・・・

今月も高いし家計が苦しいわ。

こんな方におすすめ
  • 電気代を安くしたい方
  • 電気料金の内訳や仕組みを知りたい方
こんみふ
こんみふ

このように思った方は
ぜひ最後まで記事を読んで下さい

この記事でわかること
  • 電気料金の内訳や仕組み
  • 電気料金を安くする方法
  • おすすめの電力会社
  • 世帯人数別の光熱費の平均
よいか
よいか

それではゆっくり
読み進めてください

電気料金を安くするには
4つの内訳を理解する必要があります。

電気料金は4つの内訳から
構成されています。

後ほど詳しく解説します。

私は、経理歴23年目です。

家計管理は、
私と妻で協力しながら管理しています。

節約について勉強しています。

少しでも節約につなげたいと
考えています。

電気代を上手に節約して
家計費改善をしましょう。

電気料金の4つの内訳と計算方法

<img loading=

電気料金の内訳は4つ

電気料金の内訳は4つです。

電気料金の内訳は4つ
  • 基本料金 or 最低料金
  • 電力量料金単価 
  • 燃料費調整単価
  • 再エネ賦課金単価 

電気料金の計算方法

電気料金の計算方法は
4つの内訳合計です。

電気料金の計算方法
  • 基本料金 or 最低料金 
  • 電力量料金単価 × 使用量
  • 燃料費調整単価 × 使用量
  • 再エネ賦課金単価 × 使用量 

世帯人数別の電気料金の平均

世帯人数別の電気料金の平均額です。

家計調査/家計収支変 

・単身世帯
・二人以上世帯

からの数字です。

世帯人数月平均
電気料金
1人7,162
2人11,879
3人13,879
4人14,849
5人16,229
6人以上19,394
e-astatから引用

電気代を安くする2つの方法

次に電気代を安くする方法は2つです。

電気代を安くする2つの方法
  • 各単価を下げる
  • 電気使用量を減らす

電力量を減らす事で
電気代を安く出来ます。

電気使用量を減らすには
電気使用量を管理しなければなりません。

しかし、電気使用量を毎日管理するのは
難しいですよね。

夏冬のエアコンが必要な時期に
がまんするのは熱中症などリスクもあります。

各単価を下げる方法について
説明します。

各単価を下げる4つの方法

単価を下げる方法は4つです。

単価を下げる4つの方法
  • 基本料金 or 最低料金
    無料の電力会社を探す
  • 電力量料金単価
    電力量料金単価の安い電力会社を探す
  • 燃料費調整単価
    燃料費調整単価の安い会社を探す
  • 再エネ賦課金単価
    →単価は一律で使用量を減らす

しかし、夏冬のエアコンが必要な時期に
がまんするのは熱中症などリスクもあります。

そこで、

基本料金無料
電力量料金単価の安い

電力会社を探せば電気代は安くなります。

電力量を気にせずに
普段通りの生活ができます。

しかも、電気代も安くなるので
嬉しいですよね。

基本料金

<img loading=

基本料金は、電気の使用量に関わらず
定額で発生する料金です。

基本料金は、2種類です。

「アンペア制」
「最低料金制」

簡単にまとめた表になります。

基本料金アンペア制最低料金制
内容アンペア数ごとに
基本料金が設定
10A・20A・・・

アンペア数が大きくなるほど
基本料金も高くなる
電気使用量に
関係なく定額発生

電力会社・電気料金プランごとに
料金設定は色々
多い
地域
北海道
東北
東京
中部
北陸
九州
関西
中国
四国
沖縄
大手
電力会社
北海道電力
東北電力
東京電力EP
中部電力ミライズ
北陸電力
九州電力
関西電力
中国電力
四国電力
沖縄電力
プラン従量電灯B従量電灯A


電力会社・電気料金プランごとに
料金設定は色々あります。

新電力等は基本料金無料プランもあります。

基本料金は0円です。

電気料金を比較検討する上で、
基本料金は非常に重要です。

基本料金無料のおすすめの電力会社

基本料金無料の電力会社
  • Japan電力-くらしプランS
  • Looopでんき-スマートタイムone
  • eo電気

Japan電力
おすすめポイント

・基本料金が0円

・電気を使えば使うほど、
 お得な料金プラン

・登録料、申込事務手数料0円で
 申込の際に料金は不要

※1年以内の解約の場合
契約解除料3,000円(税抜き)がかかります。

Japan電力へ
乗りかえ

私自身、2023年7月から

電力会社を「Japan電力」へ

変更しました。

電気代節約につなげています。

電気料金プランは異なりますが、
同じ電力使用量で、変更前の大阪ガスの電気
の場合の請求金額を概算で求めて比較しました。

Japan電力へ変更後、1か月目、2か月目の
電力使用量で比較しています。

参考にしてみてください。

※大阪ガス電気料金(概算)
基本料金+電力量料金±各社それぞれの燃料費調整額(※毎月変動)
で概算で計算しました。

燃料費調整額は、毎月変動します。

※電力量料金の単価を値上げしていない地域は、
安くならない場合がありますので、現在利用の
電気料金プランで計算して比較してみてください


必ずしも、シュミレーション通りの電気料金に
ならないので、その点は必ず注意が必要です

電気(エアコン)の使用状況

・戸建て

・リビング 1台
(朝から寝るまで)

・子供部屋 1台
(夏休み期間で常についています)

・寝室 1台
(日中・就寝時)

リビングと子供部屋は、
常にエアコンがつきぱなっしでした。

請求金額がとても安く感じました。

選択が間違ってなかったと実感しました。

やはり、電力会社変更による
節約効果が大きいです。


電力量料金

電力量料金は、使用電力量に
応じて発生する料金です。

大きな分類は使用量によって
2タイプあります。

・単価が変動する従量制と
・単価が変動しない固定制の

従量制

電気の使用量に応じて計算される
料金です。

電力量料金の単価が安い程、
従量制の料金は安くなります。

電気代の節約は、従量制単価が安い
電力会社が良いですよね。

固定制

一定の使用量まで定額としている
プランが多いです。

電力量料金の計算は、
次の通りです。

電力量料金 = 料金単価 × 使用電力量

電気を多く使えば、電力量料金は
高くなります。

当たり前ですよね。

電力量計算に必要なのは
料金単価と電力使用量です。


料金単価 
今の契約内容からホームページで単価表を確認

電力使用量
毎月の請求書で使用量を確認

電気料金を比較検討する際に

・電力量料金
・料金単価
・電力使用量の

3点は必須です。

面倒くさいですが必ず確認して下さい。

今後の電気代節約につながります。

電力量料金単価が安い電力会社

・Japan電力-業界最安値水準・基本料金も無料

・eo電気-電力量単価安い・eo光もお得

燃料費調整額

燃料費調整額は発電に必要な
液化天然ガス等の燃料の価格変動を
反映させた電気料金です。

価格は毎月変動します。

燃料費が基準価格より低い場合は、
電気料金から減算され、逆に高い場合は
電気料金に加算されます。

燃料費調整額の計算は、次の通りです。

燃料費調整額 = 燃料費調整単価 × 使用電力量

燃料費調整額は
電力会社によって違います。

再エネ賦課金

正式名称は、
再生可能エネルギー発電促進賦課金
と呼ばれ、通称は再エネ賦課金です。

全世帯対象で国民に
負担を求めらています。

単価は国が決めて毎年変動します。

2023年5月からの単価は1.40円/kwhで
2022年5月からの単価3.45円/kwhと比べて
2.05円/kwh値下げとなりました。

原因は、電力の市場価格高騰により
再生可能エネルギーの販売収入も増加が
見込まれるためです。

参考に過去2年分と初年度をのせています。

2023年5月分~2024年4月分
1.40円/kwh

2022年5月分~2023年4月分
3.45円/kwh

2012年8月分~2013年3月分
0.22円/kwh

再エネ賦課金の計算は、次の通りです。

再エネ賦課金 = 使用電力量 × 再エネ賦課金単価

毎月の使用電力量か
再エネ賦課金単価が増えると、
比例して再エネ賦課金も上がります。

再エネ賦課金は国が定めるので
私たち消費者の努力では値下げは
できません。

電力会社・電気料金プランを見直せば
電気代を節約出来ます。

電気料金の計算

<img loading=

電気料金の計算は、次の通りです。

基本料金(最低料金) + 電力量料金 
 ± 燃料費調整額 + 再エネ賦課金

電気料金は、
単価使用電力量
大きく関係している事が
わかりましたよね。

まとめ

<img loading=

電気料金を安くするには

電気料金を安くするには
基本料金の単価を下げるか
使用電力量を減らす必要があります。

しかし、電力使用量を減らすには、
夏冬に利用が増えるエアコンの
温度管理が必須です。

近年は、夏は暑く冬は寒いので
過度な温度設定は、
体に悪影響を及ぼすため
個人的にはおすすめしません。

結果的に電気料金が安くなっても
生活が苦痛で長続きしないです。

また、電気代節約に最も効果が高いのは、
電力会社の乗り換えがおすすめです。

エネチェンジで電気代シュミレーションし、
ぴったりの電気料金プランを検索してみて下さい。

お得な電気料金プランを比較検討できます。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村


節電・節水・節ガスランキング
こんみふ

夫こんみふ

・経理歴23年目40代会社員
・大学時代に日商簿記2級取得
・資格を生かした経理職に就く
・計数管理の知識を活用して
 家計管理、家計改善をする
・職業柄節約の意識が高い
・独学+オンライン講座で
 プログラミングを学ぶ

妻よいか

・ドラッグストアで
 パートする主婦
・子供の家庭学習をして6年目
・大学時代は小学校教育専攻
・少しだけプログラミングを
 学ぶ

妻と2人でブログ運営を
しています。
電気代の節約をはじめ、
家計改善できるような
記事や情報を発信します。

少しでもお役にたてる
ブログになればと思います。

自身も家計改善して、家族で
温泉旅行を楽しみたいと
思っています。

どうぞよろしくお願い
いたします。

こんみふをフォローする
電気代・光熱費
こんみふをフォローする
夫婦でブログ
タイトルとURLをコピーしました